FTR223と行く

FTR223からVスト250乗りになりました。明日はバイクと、どこ行こう。バイクでトコトコ、どこ行こう。

かわいいFTRのドット絵作ってもらいました

time 2021/01/16

かわいいFTRのドット絵作ってもらいました

ツイッターでフォローさせて頂いてる、FTR乗りのタキムラさんに「FTR223のドット絵」作ってもらっちゃいました。

カワイイ・・・

この横姿をもとにお願いさせていただいたのですが、ドット絵のマフラーもスパトラになっていて驚きました。

 

他にも愛車FTRのドット絵を作成してもらっている方がたくさんいらっしゃって、タキムラさん(@niningasan)のツイートには、それらが勢ぞろいしている画像もあり、これがまた何とも壮観でカワイイのです。

コミカルなドット絵のFTRを眺めていたら、ファミコンのあのゲーム思い出しちゃいました。

ほら、あの、油断しているとすぐオーバーヒートしちゃうモトクロスバイクのレースゲーム。

何でしたっけ。ほら、アレ・・・笑

「ファミコン」「モトクロス」で検索して、やっと思い出しました。

エキサイトバイク。

懐かしい・・・

タキムラさん作のドット絵FTRは、今にもエキサイトバイクで走り出しそうな感じです。

 

バイク乗りの方って、本当に皆さん独創的で色々なアイディアを形にしているような気がします。

これまでFTR、Vストロームに乗ってきて、FTR乗りの方もVスト乗りの方も、とても楽しそう。FTRだから?Vストだから?と思ったりもするのですが、2車種に限らずバイク乗りの方は皆さん色々と楽しんでいる。すごく楽しんでいて、たまに羨ましくなっちゃったりもする。

バイク乗りの方は、自分を楽しませる術(すべ)を知っている類の人たちと言ってもいいのかもしれない。

それは何もバイクに限ったことでなく、自分が楽しいと思ったことを体現する術を知っている人は、きっとまわりの人も楽しませることができるの人たちなのだろう、とも。

何をしたら自身が楽しいのかも分からずして、まわりの人たちを楽しませることなんて出来ない

と言うのは、兄の格言である笑

当の本人は覚えてもいないと思うけれど、10年ほど前にこういうコトぼそっと言っていたのを覚えている。

あ、いや。上のコトバみたいに名言っぽくはなかったけれど。

「まずは自分が楽しんでナンボやで?周りのひとは、そんな楽しい姿を見て元気もらったり楽しくなるんや。その逆もまた然り。」

というようなことを、スーパー銭湯の寝湯で一緒に寝ころびながら言っていた。

10年経っても覚えているということは、よほど何かしら影響を受けた言葉なのだとも思う。

 

タキムラさんのアイディアでふと思い出したのですが、以前に作成したFTRステッカー。

まだ10枚ほど残っているので、もしも欲しい方いらっしゃったらツイッターもしくはブログコメント等で受け付けております。

タキムラさんのドット絵に触発され、また何か楽しそうなことやってみたくなりました。

タキムラさん、ありがとうございます。

sponsored link

コメント

  • こんばんわ、tunaです。ステッカー昭和みたいで素敵。飛びつかない人はいないでしょうね!もちろんほしいです…FTRに貼りたいです。今日も一生懸命磨きました。抽選なモノには縁のない生活ですがほしいですಠ_ಠ

    by tuna €2021-01-16 7:35 PM

    • tunaさん、ぜひぜひ。もらってやってください。
      Vストのトップケースに忍ばせておきます^-^

      by ken_ken €2021-01-16 10:17 PM

  • え!本当にですか!?いやもちろんちゃんと買うのですけども!本当に欲しいし貼りたいです!
    奇跡的にケンケンさんと道で出くわしたらね、的な感じですか?すみません、こういうコメントとかすることすら初めてなものですから(汗 、どの程度の期待感持っていいか教えて頂けるとありがたいです
    FTRドット作られてら方も素晴らしい作品ですね

    by tuna €2021-01-16 10:37 PM

    • いえ、趣味で作ったものですし、これまでSNSで南は九州、北は東北まで数名の方にもお配りしてきたものなのでお代金は結構です!^-^

      by ken_ken €2021-01-24 5:14 PM

down

コメントする




このVストに乗っているひと

けんけん

けんけん

千葉県は、ふなっしーと同じ市に住んでいます。鉄馬も好きだけど、本当の馬も好き。一口馬主やっていらっしゃるライダーさんいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。「FTR223と行く」ブログを書き始めたら、なおさらバイクへの愛着が増してしまったので、そんな愛情をココにどんどん残していきます。どうぞ宜しくお願いします。