FTR223と行く

FTR223からVスト250乗りになりました。明日はバイクと、どこ行こう。バイクでトコトコ、どこ行こう。

皮下注射点滴なるもの

time 2022/03/06

皮下注射点滴なるもの

点滴って受けたことありますか?

自分はまだ、一度も経験ないです。未経験です。

その昔にベンチャーっぽい会社の面接を受けさせていただいた際、その会社の社長さんがポロリとこんなことを言っていた。

この間から体調悪いんだけど商談、面接いろいろ控えているから休むワケにもいかなくてサ。で、昨日に点滴してもらって、いま何とかこなしているトコ。って。

すごいな点滴!そんなに効果あるのか点滴。

当時も今でも点滴の効果を体感したことがない自分は、なんだか点滴が羨ましくもあり。そして、点滴でなんとか乗り越えるほどアツい仕事なのか!なんてワクワクもした、若かりし頃の自分。

ちなみに、そのとき面接していただいたその会社、社長面談までしてもらっておきながら辞退しました。

きっかけは面談時の以下やりとり。

社長「経営ノウハウすべてを伝授するから無給で働けと言ったら、それでもやる気ある?」

自分「・・・ありません」

社長「いや、あくまで例え話なんだが。そこまでの覚悟をもってウチで働きたいとは思わないの?」

自分「自分の生活のためにも働くので。例え話だとしても、それでもやりますとは言えないですスイマセン」

そんなやり取りの面接後に自ら辞退を申し入れたのだけど、そうしていなかったとしても恐らく採用されることはなかっただろう。

たしかに経営には興味あったし、ベンチャー企業に憧れのようなものを抱いていた時期ではあった。

それでも、自分は人を試すような問いかけが大の苦手だ。仕事でも私事でも、なんにおいても。

あれから月日も経ち、自身もそれなりの歳になった。これから先、もし面接をする側の立場になったとしても「ぜんぶ教えてやるから無給でやれと言ったら、それでも入社したい?」なんて間違っても言わないと思うもの。

初めての点滴は自身に、ではなく実家ねこへ・・・

そんな憧れの点滴。

いつか体調悪くなったら、それをすることによって全回復してみたいと思っていた点滴。ドラクエで言うと多分ベホイミみたいな効果があるんだろうと、未だ勝手な想像をしている。

そんな点滴だったのに、自らが点滴する側になるとは思ってもいなかった。

それも相手は実家ねこである。(もっとも、人に点滴する資格はもちろん技術もない)

年明け1月から急に食欲が落ちてしまった実家ねこ。親が動物病院へ連れて行き血液検査をしてもらったところ、膵臓が弱ってきているときに上昇するナントカという数値が高い傾向にあると言われたそうだ。(どんなに不摂生をしていない猫でも、歳とともに膵臓が弱ってきてしまうことが多々あるようです。猫はもともと内臓系があまり強くないのかもしれません)

それから週1回ほどのペースで動物病院へ連れていっていた頃に「自宅でも1日おきに点滴を」という話に。

え?自宅で点滴なんて、できるものなの?と当初は耳を疑ったが、点滴といっても想像していた血管注射ではなく皮下注射点滴なるものだった。

猫の背中、肩甲骨あたりの皮を人差し指と親指で摘まむように持ち上げ、皮膚にススっと細い針を刺し入れたのち、人肌程度に温めた60ccの点滴2本を注入する。

動物病院であらかじめレクチャーしてもらったので、それなりにスムーズに出来ている(と、自分では思っている)

わりと考えすぎず躊躇いなくプスリと刺すのが功を奏しているのかもしれない。

猫を抑える係と、背中に注射を刺す係と。どうしてもふたり掛かりじゃないとできないのだけど、プスリとやる時、猫を抑えている母はなぜか猫を押さえつけながら針を刺す瞬間を直視しない。直視できないようである。こう言ったら失礼かもしれないが、猫をぎゅっと抑えたまま猫の体に顔をうずめ、見ようとしない母のその姿がなんだか可笑しくもある。

どちらかと言うと実際に飼っている親のほうが恐るおそるみたいだ。でも、その気持ちも何となく分かる。

これが、もしも数年前まで一緒に暮らしていた我が家の犬に対してみずから同じことをやらなければいけないとしたら。そんなことを想像すると、たぶん自分だって恐るおそるになってしまうだろう。腰が引けてしまいそうだ。

そんな皮下注射点滴も何度かこなすうち、あんまり深いこと考えず気軽に、気軽に。テイク・イット・イーズィーを意識し過ぎたか、ついこの前は点滴液を注入中にふとテレビ番組が気になって、よそ見した際に猫の背中からするりと針が抜けてしまった。

気軽に気軽に。考えすぎずやっていこうというのも、程々が大切かもしれない。前述同様、仕事でも私事でも。

母の手術と、実家ねこの具合とが重なり変わってきたこと

実家ねこへの点滴。親よりも自分のほうが遠慮なくプスリとできることもあり、時間の余裕と、1日おきの点滴タイミングとが重なればなるべく率先してやるようにしている。

そんな日々を過ごすなか、実家で少しずつ変化してきたことを肌身で感じはじめている。

オカンとオトンの会話があきらかに増えているのだ。

幼少期からほとんど会話のない両親だったから、家を出てから今でも、どこかそんな雰囲気であることを「第三者的な目線」でやり過ごしてきた自分にとっては、その変化がいちばん意外だった。どこかくすぐったく、不自然に思えてしまうくらいだ。

具体的なところだと、皿洗いをする父なんて、40数年を生きてきてこのあいだ初めて見た。(そのうち盗撮でも何でもいいので、その姿を残しておこうと思っている)

猫に関するささいなことで会話を交わす父母を、これまで見たことがなかった。

母の手術に夜中まで立ち会った際は、色々すまない、ありがとう。なんて父から言われたのも意外だった。

父母お互いに猫の容態が心配なことはもちろん、母が今年1月にカテーテル手術をすることになったのもおおいに関係しているのだろう。

つくづく、歳をとったんだなぁと思う。親はもちろん、自分も。

きっかけは何であれ色々なことが重なり、今こうして何でもないような会話を交わすようになったのは、とても良かったことだと思う。

そんな慣れない雰囲気に多少のくすぐったさと違和感を感じつつも、何気ない会話を交わすってやっぱり大切なことだと思う。不幸中の幸いではないけれど、少しだけ大変なことが重なったことで、きっとふたりの中のわだかまりのようなものが少しずつ失せはじめているのではないだろうか、と。

少しずつ失せ始めたと言うよりも、両親にとっての孫か子か。そんな大切な愛猫の体調を前にしたらそんなもの、あっという間にどこか彼方へ飛んで行っちゃったんだろう。

そして、そんな雰囲気を垣間見ることができる今は、きっといつか自分にとっても大切な思い出になるよう気がしている。まだまだ元気でいてほしい、実家ねこ

知り合いの母は、末期の癌であるにも関わらず。

お医者さんの許可がもらえたら今月3月に迎える孫娘の卒業式と、4月の中学校への入学式を御祝いするため福井から千葉へやってくる気、満々だそうだ。

その話を聞いたとき、母が子や孫を想う気持ちは本当に凄いと思った。

親の、子や孫への愛情が不変なら、その逆に子や孫が思う親への愛も恩返しのような当たり前のようなものではないか。

自分も今こそ、そんな恩返しをする番である。実家ねこへの皮下注射点滴ならいつでもやりに行こうと思う。

すこし前、皮下注射が上手くできなくなった時があった際はあらためて動物病院に猫を連れて行って、再度そのコツを教えてもらった。

なので私、(もう)失敗しませんから。

down

コメントする




このVストに乗っているひと

けんけん

けんけん

千葉県は、ふなっしーと同じ市に住んでいます。鉄馬も好きだけど、本当の馬も好き。一口馬主やっていらっしゃるライダーさんいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。「FTR223と行く」ブログを書き始めたら、なおさらバイクへの愛着が増してしまったので、そんな愛情をココにどんどん残していきます。どうぞ宜しくお願いします。