FTR223と行く

FTR223からVスト250乗りになりました。明日はバイクと、どこ行こう。バイクでトコトコ、どこ行こう。

FTRのプラグ交換手順【画像説明付き】

time 2018/03/02

FTRのプラグ交換手順【画像説明付き】

FTRのプラグ交換は、とっても簡単です。

以前、「FTRに7年乗り続けてのインプレ」という記事でも似たようなことを書きましたが、単気筒でエンジンも剥き出しなら、当然のようにプラグも剥き出しです。スポーツタイプのようにカウルを外すこともなく、プラグレンチ1本あれば簡単に交換ができます。

まずはプラグコードを引き抜きます

まずはプラグコードを引き抜きましょう。そのまま素直に引っ張っても取れますが、かみ合わせによっては引っ掛かりを感じる場合もあります。そういう場合には、右に左にプラグコード(キャップ部分)を少しだけ廻しては引っ張る、廻しては引っ張るを繰り返すと「スコっ!」と簡単に抜けるスポットが見つかるはずです。

プラグコードを外すと、エンジンにねじ込まれているプラグが顔を出します。上の画像のものは3か月ほど前に交換したばかりなので、表面もまだ綺麗ですね。プラグはAmazonで購入した、NGK ( エヌジーケー ) 一般プラグ (ネジ形/ターミナルなし)1本 【4929】です。500円ちょっとで購入可能なので、何となくエンジンの吹き上がりなどが気になったり、プラグを外してみた際に焦げつき、腐食が進んでいるようなら気軽に交換するようにしています。

とは言っても、ある程度正しい燃調が出来ていたり、長い間エンジンを始動さえしていなかったような事がなければ、そんなにすぐに痛むものでもありません。大切なのは、エアクリーナーやキャブレターのセッティング等々、燃焼に関わる部位のメンテナンスを行った際には、併せてプラグの焼け付き具合も確認するくらいで良いと思います。

プラグレンチを使って、プラグ自体を外します

12mmのプラグレンチを、剥き出し状態のプラグにはめます。

かっちりと噛み合っていることを確認したら、あとは左回りに廻していくと簡単に取り外せます。

画像のプラグは、ちょっとだけ黒味が濃いかもしれません。この写真を撮った後に併せてスロージェットの番手も下げてみました。ジェット類の交換はキャブレターを外して行います。キャブレター取り外し手順は以前の記事も参考にしてみてください。

NGKプラグの不思議な魅力とは

プラグを眺めていると何だか楽しくなってしまうのは自分だけでしょうか。

プラグの役割はとてもシンプルで、これ無しではエンジンに火を入れることが出来ません。もちろん他の部品もそれぞれに大切な役目を担っているのですが、プラグを手に持って眺めていると愛着さえ沸いてしまいそうです。

余談ですが、NGKのプラグスタジオという公式サイトでは、プラグに関する色々な情報が載っています。様々なバイク型式に合ったプラグ適合表も用意されているので、プラグ交換を考えている方にとっても参考になるかと思います。

sponsored link

down

コメントする




47都道府県、オートバイで行ってみよう

このFTRに乗っているひと

けんけん

けんけん

千葉県は、ふなっしーと同じ市に住んでいます。鉄馬も好きだけど、本当の馬も好き。一口馬主やっていらっしゃるライダーさんいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。「FTR223と行く」ブログを書き始めたら、なおさらFTRへの愛着が増してしまったので、そんな愛情をココにどんどん残していきます。どうぞ宜しくお願いします。



sponsored link

最近のコメント