FTR223と行く

FTR223からVスト250乗りになりました。明日はバイクと、どこ行こう。バイクでトコトコ、どこ行こう。

【2022年1月16日閉店】船橋2りんかん、ありがとう

time 2021/12/27

【2022年1月16日閉店】船橋2りんかん、ありがとう

12月中旬、2りんかんから1通のDMが届く。

それは、年が明けた2022年1月16日(日曜日)に、船橋2りんかん閉店という悲しいお報せであった。

親近感の沸く2りんかん

国道14号千葉街道沿い、京葉道路船橋花輪インター近くのホームセンター・コーナン船橋と施設をともにする形で船橋2りんかんがオープンしたのは、2016年12月のこと。

船橋2りんかんがオープンするまではライコランド東雲店、または同柏店を利用していたが、どちらも自宅からは1時間弱ほどの距離なので、この2りんかんオープンはとてもありがたかった。嬉しかった。

これは余談になるけども、自分のなかでのバイク専門店・四天王といえば

  • ライコランド
  • 2りんかん
  • ナップス

の3つである。四天王になっていないけども。

そしてこれまた勝手なイメージなのだけど、自分にとってライコランドは何処となく敷居が高い。けっこう、髙い。

たとえばライコランド東雲店にバイクで向かったとするじゃないですか。

国道357号を右折し、オートバックスをわき目にライコランド店舗前にある駐車場に入っていくと、だいたいバイクを脇に立ち話をされている方が結構いらっしゃって。そういう時、乗りつけてきたバイクをちらりと見られたりすると何だか品定めされてるんじゃないか?という気になってしまうのです。

自意識過剰すぎるだろ・・・と思われるかもしれませんが、ガチなライダーさんから見られると「ス、スイマセン。できるだけ静かに通り過ぎますので・・・」と、マフラーもノーマルなので何も煩くないにも関わらず、ソロリ、ソロリと駐車場をやり過ごそうとする自分がいる。

不思議なもので、2りんかんではそういったことを一切感じないのである。

今こうして書いていて思ったけれど、これはどちらが敷居が高い、低いの話ではなく、駐車場にどれだけの人がいらっしゃるかによる単なる思い込み&感じ方なのでしょう。なので、個人的には船橋2りんかん駐車場のガラ空き具合(決して2りんかんをディスっている訳ではありません)に安堵を覚えたもので、当時からお気に入り店舗でした。

船橋2りんかん、2016年12月~約5年の歴史に幕

身近なところに出来てよかった~と喜んでいたのも束の間、わずか5年という短い期間で閉店してしまう船橋2りんかん。同じ施設内同グループのイエローハットとSOXも閉店。

そして八王子2りんかんも2022年3月で閉店とのこと、イエローハットグループとして採算の合わない店舗の見切りを加速しているタイミングなのだろうか。

それにしても船橋2りんかん、古くはFTRのフロントフォークOH(オーバーホール)、最近ではVストロームのオイル交換はもちろんのこと、法定点検もお願いしてきたので、とてもショックを受けている・・・

2か月ほど前に柏店でいただいた法定12か月点検の2,000円引きチケット、船橋2りんかんで使わせてもらおうと思っていたのに。

気軽に行ける距離だからと、オイル会員にも加入したのに。

なお、閉店案内のDMには、船橋2りんかん販売商品についての問い合わせは

  • 千葉北2りんかん
  • 柏沼南2りんかん
  • 一之江2りんかん

にお願いします、と書いてあった。2022年1月以降、何処の2りんかんをホームとすべきか、これから検討します。

船橋2りんかん、船橋市協賛ペイペイキャンペーンで20%還元

ちなみに、今月(2021年12月)いっぱい「コロナに負けるな!ふなばしキャッシュレス!最大20%戻ってくるキャンペーン」が催されており、御多分に漏れず船橋2りんかんもキャッシュバック対象店舗となっているようです。

デイトナのレザーグローブとワコーズのヒューエルワンで合計5,940円から、1,188円還元という恩恵にあずかりました。

船橋2りんかんは年末31日まで営業(通常19時閉店、31日のみ17時閉店)しているので、2021年内にバイク用品を購入するのであれば、今なら船橋2りんかんペイペイ払い一択のような気がします。(といっても、今年も残り5日間ですが・・・)

船橋2りんかん

down

コメントする




このVストに乗っているひと

けんけん

けんけん

千葉県は、ふなっしーと同じ市に住んでいます。鉄馬も好きだけど、本当の馬も好き。一口馬主やっていらっしゃるライダーさんいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。「FTR223と行く」ブログを書き始めたら、なおさらバイクへの愛着が増してしまったので、そんな愛情をココにどんどん残していきます。どうぞ宜しくお願いします。