FTR223と行く

FTR223からVスト250乗りになりました。明日はバイクと、どこ行こう。バイクでトコトコ、どこ行こう。

【2017年・夏の北海道】屈斜路湖を出発してからの迷走 Vol.8

time 2018/02/07

【2017年・夏の北海道】屈斜路湖を出発してからの迷走 Vol.8

この日は朝から守りに入っていた1日。

テントをたたみ出発した時点で、一面くもり空と肌寒さから既にそんな気分になっていました。

気づかないうちに、また疲労感が結構たまっていたのだと思います。この日以降の写真が殆どないことからも、あまり余裕なかったのかもしれません。

sponsored link

モットグッチに乗っていた方の一言が忘れられない

当初、屈斜路から摩周湖を目指すことを計画していたけれど、空を見ればどう考えても天候は悪くなる一方。

しかも、またもや夏とは思えぬ寒さ(笑)

砂湯キャンプ場を出てあと、セイコマの駐車場で牛乳飲みながら(笑)どうしようか考えていた時にモトグッチに乗っている方と会話。

その方は、確か四国か京都に住んでいて、今回(2017年)の北海道ツーリングで7度めとか何とか。毎年のこの磁気に北海道を走りにきているとのことで、それだけでもスゴいのですが。さらに話をしていて驚いたのは、去年までは休暇を取って来ていたけれど、今回は仕事も辞めて来てみた。だから、今まで以上にゆっくり廻ろうと思っているんだよね~というようなことをさらっと教えてもらう。

そこまで人を惹きつける北海道の魅力、恐るべし。でも、何となくその魅力の片鱗を分かったりもした今回の旅です。

摩周湖も神の子池も諦め、弟子屈でまったり。

摩周湖は、曇り空と霧で何も見えないらしくスルー。

そのまま神の子池に向かったのですが、途中から雨足が強くなってきて弟子屈に引き返しました。

「天気が悪かったら、〇〇に変更する」ということを一切考えていなかった点が、今回の初北海道ツーリングで甘く考えていたトコロでした。日ごろ「家を出る時に雨が降っていなかったら、傘は持って出かけない」の変な癖は未だに変わらないので、仕方ないのですが。

いま思えば旅の時間はどれも貴重なので、迷ったり引き返すようなことがあったら、何処そこへ行くと言うような別プランを予め考えておけばよかったとも思っています。

摩周湖駅前にある足湯に浸かって、ちょっと冷静になる(笑

弟子屈に引き返した後は、どうしようか途方に暮れている時に、たまたま寄った摩周湖駅で足湯を見つけて浸かる。

冷え切った体に足湯は気持ちがよかった。しばらくまったりしていると、北海道まで来て駅前の足湯に浸かっている自分が少しだけ面白可笑しくなる。

そして「先を進もう!」と割り切って釧路方面を目指すことにした。

【この日の全ルート】

次回、「釧路湿原、ひとりで歩くのはやめましょう。ソロはどうすれば?」な話です。続きは下のリンクカードから、どうぞ!

sponsored link

down

コメントする




47都道府県、オートバイで行ってみよう

このFTRに乗っているひと

けんけん

けんけん

千葉県は、ふなっしーと同じ市に住んでいます。鉄馬も好きだけど、本当の馬も好き。一口馬主やっていらっしゃるライダーさんいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。「FTR223と行く」ブログを書き始めたら、なおさらFTRへの愛着が増してしまったので、そんな愛情をココにどんどん残していきます。どうぞ宜しくお願いします。



sponsored link

最近のコメント