FTR223と行く

FTR223からVスト250乗りになりました。明日はバイクと、どこ行こう。バイクでトコトコ、どこ行こう。

東北6県めぐりは、シンプル荷物でいってきます

time 2019/04/16

東北6県めぐりは、シンプル荷物でいってきます

東北6県めぐりは、シンプル荷物でいってきます!

当初は長距離ツーリング時と同じように、キャンプ→民宿→キャンプ→民宿・・・の、交互の旅程を考えていたのだけれども。

本格的に検討しはじめてみたら、6県めぐりは割とハードではないだろうか?ということに気づき。

ほぼ走りっぱなしな日々になりそうな気がしてきた時点で、キャンプ泊DAYとキャンプ道具は今回、バッサリ切り捨てることに。

sponsored link

なるべく、持ちモノをコンパクトに!

まず、キャンプ道具を積載するために必要な「シートバッグ」自体を今回は積んでいかないことにした。その代わりとなるタンクバッグ登場。

このタンクバッグ、けっこう昔に兄から貰ったモノ。これまでちゃんと使ったシーンがなかったけれど、これが重宝する予感です。

次に、持っていく荷物を思いつく限りリストアップしてみる。

  • タナックス「タンクバッグ」
  • スノーピーク「クッカー」
  • イワタニ「ジュニアコンパクトバーナー」
  • チタン箸、スプーンとフォーク
  • カセットガス
  • ウォーターボトル
  • ワークマン「レインスーツ」
  • タオル
  • ノザキ「コンビーフ」
  • カップヌードル
  • ポリ袋
  • マルト「レインバッグ」
  • キャリングコード
  • 最低限の着替え、防寒着
  • 歯磨きセット
  • スマホ充電器(コンセント用、USB用)
  • イヤホン
  • 携帯ラジオ
  • ライター
  • メモ帳とペン
  • 目薬ほか薬
  • 地図

ざっとアイテムを挙げてみたけれど、それでも結構な数に・・・。

クッカーやジュニアバーナーも、持っていくか置いていくべきかで少し迷ったけれど。移動中の昼時、どこか見晴らしの良い場所を見つけることができたなら、そのまま休憩がてらお湯を沸かしてカップラーメンを食べるもよし、コーヒーを淹れるもよしかな?と思い、持っていくことにする。

また、今回はほぼ素泊まり宿だ。

夕刻まで走り続けて宿に着いたのち、夕飯を食べに外を出歩くような気力も残っていなかった時こそ、部屋でお湯を沸かしてラーメンで済ませてしまうかもしれない。※素泊まり宿には、湯沸かし器すら設置されていない宿もあり、それはそれで今から雰囲気が楽しみな宿なのである。

ちなみに、マルトの防水バッグとキャリングコードは、お土産増えすぎちゃった場合の臨時用の積載道具として念の為にもっていきます。

予行練習を兼ね、タンクバッグにどれだけ効率よく詰めることができるだろうか?と思い、試してみた。

クッカーにジュニアコンパクトバーナーにガス、ウォーターボトル等々、比較的かさばるモノは全て収納することができる。これだけ詰めても、まだ少しだけ余裕があるので地図やメモ帳、タオルに薬なども収められそう。

なぜにノザキのコンビーフなのか?笑

ちなみに、持っていくアイテムの中のひとつとしている「ノザキのコンビーフ」。

公式ツイッターアカウント(@nozaki1948)にて告知されている、春のお出かけキャンペーン。

出掛けた先でノザキのコンビーフ関連商品と一緒に撮影し、上記のハッシュタグと一緒にツイート。

選考されると、コンビーフセット・デラックスだったり、看板風缶バッジなどが頂けるらしい。東北巡り中、どこか良い景色と一緒にコンビーフの写真を撮ろうと思っている。

ただし、途中で食べてしまうかもしれないが・・・その時は、また何処かで入手する予定。

ザキ公式サイトも見ているだけで何だか楽しい。

sponsored link

down

コメントする




47都道府県、オートバイで行ってみよう

このFTRに乗っているひと

けんけん

けんけん

千葉県は、ふなっしーと同じ市に住んでいます。鉄馬も好きだけど、本当の馬も好き。一口馬主やっていらっしゃるライダーさんいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。「FTR223と行く」ブログを書き始めたら、なおさらFTRへの愛着が増してしまったので、そんな愛情をココにどんどん残していきます。どうぞ宜しくお願いします。



sponsored link

最近のコメント