FTR223と行く

FTR223からVスト250乗りになりました。明日はバイクと、どこ行こう。バイクでトコトコ、どこ行こう。

ワークマンで、ツーリング用ブーツ(っぽいの)買ってみた

time 2018/05/03

ワークマンで、ツーリング用ブーツ(っぽいの)買ってみた

先月、初めてかじってみた千葉県の林道ツーリング。これからも林道ツーリングを楽しむつもりなら、さすがにスニーカーはあかんやろと思ったので。

悪天候のため急きょキャンセルしたキャンプツーリングの憂さ晴らしも兼ね、林道ツーリングにも使えそうな靴を探しにワークマンへ行ってみました。

sponsored link

相変わらず、わくわくしてしまうワークマン

久しぶりのワークマン。ブーツを探しに行ったのに、ツナギやレインコート、アンダーシャツを見て廻っていても飽きない。

速乾性があって着心地も良さそうなアンダーシャツなんて、580円~豊富にあるぜよ。部屋着はもっぱらユニクロ派ですが、これからの夏の時期、ワークマンのアンダーシャツで過ごすのもアリかもしれません。

そして、ワークマンでついつい1着、買っちゃいました。

カジュアルのユニクロ、働く男のワークマンが同じ土俵で争う(同じパイを奪い合う)ようなイメージはないけれども。「ワークマンの服って仕事着のことでしょ」という勝手な先入観も、店内でこのシャツを手にした時に、単なる思い込みに過ぎないと感じてしまった。このシャツ、質感がとてもしっかりしているので部屋着でも全然いけそうです。広告費を過剰に使っていない分、お求めやすい値段で提供できるのが「ワークマン」の強みなのかも。

相撲の世界で例えるなら、自身の中ではもはや「西のワークマン、東のユニクロ」くらいの印象。(※ちなみに、ワークマン本社は茨城県なので、正確には「西」ではない・・・)この夏はワークマンで部屋着を揃えてみます。

豊富に揃っているブーツやシューズで、あれこれ悩む

以前にワークマンのオンラインサイトを見て、これ良いかもと思っていたのがこちら。

ミツウマ静電マジックセーフティシューズ

とっても軽量。しかも静電性のある素材で作られているので、可燃物だったり電気を扱う作業の中でも安心して履けるシューズ。ただ、ツーリング用として使うことを考えると、果たしてどうだろう?という印象。

呼吸するセーフティシューズ

いちばん目立つところに陳列されていた「呼吸するセーフティシューズ」は、いまイチバン人気のシューズなのでしょう。こちらも本当に軽かったです。それにしても、こんなにシッカリとしたシューズがまさかの2,900円とは・・・

「忍」セーフティ作業靴

最初に見た時は「いや、自分ニンジャ乗りじゃないし」と丁重にお断りしてしまったのがこちら。これも本当に軽いです。と言うか、ワークマンの靴って作業靴メインに作られていてプロテクターも備えていることから、きっと重いんだろうなぁと勝手に想像していたのですが。スニーカー、ブーツを問わず、どんなタイプの靴も軽い。

迷った末に、購入したのはコチラ

あれこれ迷った挙句、購入したのは「忍セーフティ作業靴」

2,900円や3,300円の靴を見てしまったせいか、3,900円か・・・高いな。と思いとどまったりしてしまうのも、ワークマン・マジックのなせる技。

購入を決めた5つの理由。

  • 黄色のゴムソールが、ステップの滑り防止になってくれそう
  • 汚れても、ガシガシ洗えそう
  • くるぶしから上も護ってくれそう
  • さり気なく、反射材が使われている
  • 黄色が、ワークマンのカラーっぽくて好き

以上の5点ですが、5番目がいちばん大きな購買理由かもです、ハイ。でも、かかと上部にさり気げなく反射材が使われていたりする点も、やるなワークマンという感じ。些細に思えるこのような点も、夜間、バイクに乗っている際には少なからず後続車へのサインになってくれそうです。

実際に重さを測ってみました

どれだけ軽いのかを確認したくなり、購入後、実際の重さを測ってみました。

784グラム。普段履いているお気に入りのリーボックのスニーカーと、ほとんど変わらないんじゃないか?という感覚だったので、ついでにリーボックのそれも測ってみたところ。

・・・作業靴とスニーカーでは、そもそも作りが違うし。感覚による誤差の範囲内だし。

それでも十分な軽さです。まずはこれで林道ツーリングを楽しんでみる予定です。

半年間、ワークマンの「忍ブーツ」を使ってきての感想

購入後、約半年の間「忍ブーツ」を使用してきての感想を追記しておきます。(2018年9月)

まったくヘタレることも無く、どこかの糸がほつれてしまうことも無く、安定して履き続けています。2018年夏、北海道ツーリングでも丸々1週間この忍ブーツを履いて行きました。その後の1泊キャンプツーリングでも使用しています。

1週間も使い続けていると、次第に蒸れてきて履き心地も悪くなってくるのでは?と思っていたけれど、そのようなことも全くありません。価格以上の丈夫さを備えています。ホールドがマジックテープ式な点については賛否両論あるかもしれませんが、マジックテープ故に着脱し易いという利点があるのも事実です。

もしもバイクに乗り始めた方で「どんなツーリングブーツが良いのだろう?」と悩んでいる方がいたら、間違いなくワークマンの「忍ブーツ」をまずは履いてみては?と、おススメしたいです。

巷で評判の、レインスーツは品切れ状態

せっかくワークマンに行ったのだからと、ついでにネット上で評判のレインスーツも購入しようと思ったら、M・Lサイズが軒並み品切れ状態でした。

北海道ツーリング前には用意しておきたいレインスーツです。




初の林道デビュー日記。ブーツ買わなきゃと思ったのはこちらの記事です。

sponsored link

down

コメントする




47都道府県、オートバイで行ってみよう

このFTRに乗っているひと

けんけん

けんけん

千葉県は、ふなっしーと同じ市に住んでいます。鉄馬も好きだけど、本当の馬も好き。一口馬主やっていらっしゃるライダーさんいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。「FTR223と行く」ブログを書き始めたら、なおさらFTRへの愛着が増してしまったので、そんな愛情をココにどんどん残していきます。どうぞ宜しくお願いします。



sponsored link

最近のコメント