FTR223と行く

FTR223からVスト250乗りになりました。明日はバイクと、どこ行こう。バイクでトコトコ、どこ行こう。

【キーホルダー型決済ツール】シェル・イージーペイを持ってみる

time 2019/04/23

【キーホルダー型決済ツール】シェル・イージーペイを持ってみる

エネオス系列サービスステーションの、ガソリン給油時に便利な小型決済ツール「スピードパス(※)」の利便性については、以前、記事にした通りです。

※スピードパス:旧エッソ・モービルなど東燃ゼネラル系が展開していた決済ツールで、統合後はエネオスのサービスとなっています

財布を取り出す必要もなければ、お釣りも出ない。家の鍵などと一緒にジャケットのポケットにしまっておくことができるので、特にバイク乗車時に便利な決済ツールです。

しかし、その便利さ故に、たったひとつだけ不満が生まれてきたりもしたのでした。

sponsored link

エネオスじゃなくても、決済ツールで給油したい・・・

そう、エネオス系列のスタンドでなければ当然「スピードパス」を使用する給油は行えません。

その場合、どうしても「次にエネオス見つけたら給油しておこう」と意識しながらの走行機会が増えてしまうのです。「エネオスじゃなきゃ給油したくない」といった感じで、それはまるで憑りつかれたような感覚で走ることも、しばしば(笑

そこで思いついたことが、ひとつ。

この際「シェル石油が展開している、イージーペイも持ってみよう」という結論でした。

給油をスムーズに済ませることができるのは、何も「スピードパス」だけではありません。シェル石油からも同じような決済ツール「イージーペイ」というサービスがあることを知ったのは、つい先日のこと。

新たにクレジットカードを申し込みしなければならないという煩わしさはあるけれど。決済ツール自体の利便性の高さについては「スピードパス」で既に実感していることもあり、給油のための決済ツール2つ持ちを選択することにしました。

決済ツール取得の前に、クレジットカードの申し込み手続きを

スピードパス同様、イージーペイを使用するには、まずは紐付けるためのクレジットカードを申し込む必要があります。

昭和シェル石油が発行しているのは、三菱UFJニコスとの提携カード「シェル-Pontaクレジットカード」になります。

シェル-Pontaクレジットカードの特徴は、何といってもポイントの付きやすさと年会費特典。

  • 給油1リットルにつき、2ポイント付与
  • シェル石油以外のPonta提携店利用でも、ポイント特典
  • 年に1度、シェル石油での利用で年会費無料

例えば今現在、レギュラーガソリン1リットルの価格は、おおよそ145円前後(2019年4月時点)です。

通常、Pontaポイントはローソンでも100円利用ごとに1ポイントですが、ざっくりと言ってしまえば(シェル-Pontaクレジットカードで)シェル石油にて給油をする際は、150円利用で2ポイント付与される計算に。

また、シェル以外のPonta提携店でのクレジット利用でも100円につき通常1ポイント+追加1ポイントとなる点もちょっとしたメリットですね。

あと、いちばん大きな点は「シェルーPontaクレジットカード」は通常、年会費(1,250+税)が発生します。ただ、年に一度でもシェル石油にてクレジット利用をしたら、次年度は年会費無料となります。

しかも初年度(クレジット発行年)は年会費無料なので、手元に届いた時点で「イージーペイ」と紐付けして(年に一度だけでも)利用をすれば、年会費は実質無料ということに。

ツーリング時の給油の手間をできるだけ省きたい。そんな方にとっては、シェルーPontaクレジットとイージーペイとの組み合わせはメリット大だと思います。それに加え、日ごろローソンを使用する頻度も多いのであれば、いま提示しているポイントカードとしてのPontaカードを、シェル-Pointaのクレジット付きに切り換えても損はないかと。

さらに、シェルーPontaカードの入会特典メリットが大きい点

シェルーPontaクレジットの入会特典は大きいです。

クレジットカード発行の翌月末までに、シェル石油で給油するたびにPontaポイントが1,000ポイント付与されます。最大3回まで有効とのことなので、クレジットカードが手元に届いてから翌月までに3回の給油で3,000ポイントが付与されることに。

本当にそうなのだろうか?と自身も半信半疑なので、カードが手元に届き、実践してみた上で後ほど追記報告をしたいと思います。

が、上の画像の下部に小さく注意書きがあるのですが「1回の給油で、10リットル以上」が条件となっています。タンク容量が7リットルのFTRでは、タンク内を極限まで空にして向かったとしても、10リットルには届かないという・・・

給油時の決済ツールも、いずれはスマホ決済にとって変わるかも?

今は給油時に便利なキーホルダー型決済ツールも、いずれはスマホ搭載のICチップによる決済手段に取って変わる時期がそう遠くない先に訪れるのでは?とも思っています。

スマホのIC決済も、キーホルダー型の給油決済ツールも、システム的に裏で行っていることに大きな違いはありません。「決済するためのデバイスが何なのか」だけなので、いつの日か「スピードパス」や「スマートペイ」をかざなくとも、スマホさえあれば給油も済ませられる時代が来るかもしれません。

とは言え、スマホさえ取り出す必要もなく給油をスムーズに済ませることを考えると、やはりキーホルダー型の給油ツールも残り続けてほしいものですね。

シェル石油スタンドで、イージーペイ発行してもらった

オンライン申込後、1週間ほどでシェルーPontaクレジットカードが自宅に届きました。

クレジットカード受け取り後、続いてイージーペイの発行はシェル石油ガソリンスタンドへ行く必要があります。紐付けるためのシェルーPontaクレジットカードを持って、スタンドへ行きます。

この時、気をつけるべき1点は、何処のシェル石油スタンドでもイージーペイの発行手続きができるワケではないということ。

イージーペイ発行手続きができるのは、セルフスタンドのシェル石油です。

シェル石油サイトの「サービスステーション検索」を使うと、最寄りのガソリンスタンドを検索結果として出力してくれるサービスがあるのですが、ここにはセルフスタンド以外も結果として出力されます。

実際にスタンドへ行く前に、セルフスタンドであるかどうかも確認してから向かうのがベストでしょう。

検索結果から「シェル石油」のマークをクリックすると、左側にスタンド詳細が出てきます。

ここに「セルフ」の文字が付いている場所であれば、イージーペイが発行してもらえるハズです。

セルフスタンドのカウンターにて無事、イージーペイを発行してもらうことができました。

使い勝手などについては引き続き、実際に使用していく過程で追記していきたいと思います。



sponsored link

down

コメントする




47都道府県、オートバイで行ってみよう

このFTRに乗っているひと

けんけん

けんけん

千葉県は、ふなっしーと同じ市に住んでいます。鉄馬も好きだけど、本当の馬も好き。一口馬主やっていらっしゃるライダーさんいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。「FTR223と行く」ブログを書き始めたら、なおさらFTRへの愛着が増してしまったので、そんな愛情をココにどんどん残していきます。どうぞ宜しくお願いします。



sponsored link

最近のコメント