FTR223と行く

ホンダFTR223を語るブログ。明日はバイクと、どこ行こう。FTRでトコトコ、どこ行こう。

【メスティンで、おでん】その名もMestin de O’den

time 2019/02/12

【メスティンで、おでん】その名もMestin de O’den

いつかやってみたかった、メスティンを使ったおでん。

先日のオレンジ村オートキャンプ場で、念願のメスティンおでんやってきました。

「3連休最終日も雪が降るよ」ってニュースで言っていたにも関わらず、寒空のもと、この「メスティン・デ・オデン」がやりたくて行ったのですが、その代償はあまりにも大きかった・・・笑

という記事については、こちらにて。

sponsored link

メスティン・デ・オデン?

ちなみに、メスティンでおでんを温めている際に、ふと思いついたのがタイトルの「Mesthin de O’den」です。

グーテ・デ・ロワか、はたまたシルク・ド・ソレイユかのような響きに、ひとりたき火しながらクスクスしてしまったのでした。

そして、これはたぶん「おでん」じゃなくてもイケるはず。

「メスティン・デ・ドリア」だと普通すぎるでしょうか。

洋食以外で勝負をかける(何の?)ならば、やはり「メスティン・デ・ユ・デューフ」(湯どうふ)とか「メスティン・デ・ウ・ドゥン」(うどん)なんて言うのはどうだろうか。と、ひとり今後の妄想だけが膨らみ続けるのでした。

「メスティンおでん」の具材たち

ちなみに、今回はメスティンでいっさい自炊していません。スイマセン笑

セブンイレブンで購入した以下のおでん達を、メスティンに投入して温め直したのみです。

  • たまご
  • 大根
  • 牛すじ
  • もち巾着
  • ちくわぶ
  • つみれ

あと、スーパーにて追加購入した「はんぺん」「小結しらたき」も投入。

余談ですが、おでんでイチバン好きな具材は何か?を問われたら、間違いなく「しらたき」です。おでんの中では脇役的存在ですが、しらたきに(わざと)多めにカラシを付けて「熱っ!辛っ!」と言いながら、その食感を楽しむのがお気に入り。

メスティンおでんを引き立ててくれる、小物道具たち

そしてもうひとつ。おでんと言えば、やはり熱燗でしょう。

ということで、この日のために用意していたアイテムも紹介しておきます。

Amazonで購入した「酒タンポ2号」と、自宅にあったお猪口(おちょこ)を持参していきました。

酒タンポは、スノーピークのクッカー(900ml)にちょうどよく納まってくれます。

上の写真のようにして温めたのですが、タンポの取っ手がちょうど良い感じでクッカーに引っ掛かります。

あとは、メスティンで温めたおでんを食べつつ、たき火をしながら、ちびり、ちびりと一杯。な夜でした。

ちなみに、この時は牛すじとつみれ、ちくわぶを食べ終えたところで、そろそろたき火の木材をくべようと立ち上がろうとした際、こともあろうかメスティンをひっくり返してしてしまうという事態に。

地面に転げ落ちる、もち巾着とたまご、大根。

慌てて洗うも、もち巾着と大根はもはや救えない状態になってしまったのだけれど、唯一たまごだけは救うことが出来ました。表面がツルツルなぶん、汚れも落としやすかっただけという単純明白な理由でもあります。

メスティンだと、たぶん何でも楽しくて、美味しく感じる不思議

今回、自炊のような形でメスティンを使ったワケではないのに、それでも何故か楽しくなってしまうのがメスティンの不思議。

メスティンを徹底的に使いこなす術!みたいな自炊ノウハウ本もあるけれど、どんなカタチであれ、これを使って色々なご飯を食べることができるその自由さに、何となく愛着がわいてしまうような気もします。

メスティンで炊いたご飯の上に、炙った蒲焼を載せても楽しそう。なんなら、メスティン茶漬けでも、たぶんとっても美味しく感じるはず。

そんな風に、自由に使えるところが気に入っているメスティンです。

sponsored link

down

コメントする




47都道府県、オートバイで行ってみよう

このFTRに乗っているひと

けんけん

けんけん

千葉県は、ふなっしーと同じ市に住んでいます。鉄馬も好きだけど、本当の馬も好き。一口馬主やっていらっしゃるライダーさんいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。「FTR223と行く」ブログを書き始めたら、なおさらFTRへの愛着が増してしまったので、そんな愛情をココにどんどん残していきます。どうぞ宜しくお願いします。



sponsored link

最近のコメント