FTR223と行く

ホンダFTR223を語るブログ。明日はバイクと、どこ行こう。FTRでトコトコ、どこ行こう。

【らぁ麺やまぐち】辣式の、麻婆まぜそばを自宅で作ってみる

time 2018/07/09

【らぁ麺やまぐち】辣式の、麻婆まぜそばを自宅で作ってみる

数か月前から、職場で「辛いもの」ブームが起きている。これが女子も交えてのブームなら良いものの、何故か同僚のおとこ3人の間での流行、という謎。

そんな「辛いもの」ブームのきっかけは、職場のビル1階にあるファミマにて、たまたま見つけた唐辛子を素揚げしたお菓子「燃えよ唐辛子」を買って、みんなで食したことが始まりと記憶しています。

「燃えよ唐辛子」から「大炎上」(どちらもアサヒフード)へと飛び火し、カルディで売られている「麻辣ピーナッツ」や「麻辣グリーンピース」など、毎週誰かしらが何か買ってきては試食をすることが、一時期の流行になったのでした。

sponsored link

最近、もしかすると麻辣(マーラー)ブーム?

コンビニでも輸入食品店でも、ラーメンでも。気になって探せば「麻辣系の食品」が色々とあるもので、もしかしたら麻辣はいま流行のひとつになっているのでしょうか?ということに、今さらながら気づきました。

そんな麻辣ブームが起きる初期の頃になるのでしょうか、2年ほど前(2016年頃)、お客様先のオフィスがある東陽町で見つけた「らぁ麺やまぐち」の麻婆まぜそばが美味しくて、今でも打ち合わせ訪問のタイミングに併せて食べに行くことがあります。

こちらが、らぁ麺やまぐちの「麻婆まぜそば」になります。

太目の麺に、麻婆と角切りの豚肉、ねぎが散らしてあります。山椒が効いている麻婆で、ホント美味しい。詳しくは、食べログのこちらにて。

何度か食べていて、ふと思ったのが「この味、自宅でも似たようなものを再現できるんじゃないか?」ということでした。ダシから取る必要のある普通のスープラーメンはハードルが高そうですが、まぜそばなの場合、麻婆など上にトッピングする具材をそれなりに用意したら近いものが出来るのではないか?と思ったのです。

と言うことで、できるだけそこに近いまぜそば作ってみたレシピになります。

豚バラブロックで角煮を仕込む

焼き豚の作り方はクックパッドの、なりおさんのレシピを参考にさせて頂いています。なりおさんのレシピ通りに仕込んで、今まで失敗しちゃったことは一度もありません。

たまに実家に作って持っていったり、年末に親族が集まる場にも持っていったことが一度ありますが、とっても好評でした。そういう場で自分に対して感謝されるのですが、ただただ、自分はレシピに感謝をしています。

この焼き豚が出来上がったら、比較的大きめサイズに切って最後に盛り付けます。

麺は、山岸一雄さんのつけ麺専用麺を使用

らぁ麺やまぐちのそれは、細麺と言うよりは若干、太目な印象なので。スーパーでも売られている、こちらのつけ麺専用中華麺を使用しました。茹で時間などは袋の裏面に載っています。

上に載せる麻婆その他、トッピングなど

要の麻婆は、中村屋の「鮮烈な辛さ、しびれる麻婆豆腐」がぴったりでした。後は糸唐辛子と花椒も別で用意します。

麻婆豆腐のモトを煮込んだら、茹で上がった麺の湯切りをして盛り付けて完成。

もうちょっと美味しそうに見える盛り付け方とか、写真の撮り方を覚えたい。でも、やまぐちの麻婆まぜそばに近い味ではありました。

以上、おとこのキャンプ飯でも何でもないのですが、思い付きで作ってみた旨辛ラーメンのレシピです。

sponsored link

down

コメントする




47都道府県、オートバイで行ってみよう

このFTRに乗っているひと

けんけん

けんけん

千葉県は、ふなっしーと同じ市に住んでいます。鉄馬も好きだけど、本当の馬も好き。一口馬主やっていらっしゃるライダーさんいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。「FTR223と行く」ブログを書き始めたら、なおさらFTRへの愛着が増してしまったので、そんな愛情をココにどんどん残していきます。どうぞ宜しくお願いします。



sponsored link

最近のコメント