FTR223と行く

FTR223からVスト250乗りになりました。明日はバイクと、どこ行こう。バイクでトコトコ、どこ行こう。

Vスト250、岩下の新生姜ピンクになる!の巻

time 2019/12/03

Vスト250、岩下の新生姜ピンクになる!の巻

以前の日記にも書いたことがある「Vスト250・岩下の新生姜ピンク化計画」なるもの。

2019年11月30日、Vストローム250を納車して約4か月。とうとうその日がやってきた。

ちなみに過去記事では岩下社長からの檄(げき)を頂き、かなり嬉しかったこととかも書いてあります。

sponsored link

Vスト250、岩下の新生姜ピンクカラーになる!

2019年7月に手に入れた黒Vストは、こんな雰囲気。

購入前からいずれオリジナルカラーにしようとは思っていたけれど、黒Vストを目の当たりにした時も、これはこれで渋くて好き。

シックゆえに落ち着いている感じもして、いやみなトコロがひとつもない。

この黒クチバシVストをピンクにしつつ、ついでに統一感も持たせたくてココあそこも変えてみた結果がこちら!

クチバシだけピンクなのも何なので、タンク両脇にあるステッカーもなるべく純正デザインを踏襲したまま色味だけ変えてみた。

ただしタンク右側のみ、少しばかりの遊び心も織り交ぜるてみる。

そして、ヤフーで購入したリムステッカーも貼り貼り。

けっこう、いやかなり気に入ってます。

目立つな~という感想も聞くけれど、実車を見るとそこまで目立つものではない自然なピンク。だと思っている・・・。

そして今回も、あの御方からのお言葉を頂けるのか!?

一応、イメージしていたVスト250・岩下の新生姜ピンクバージョンはこれで形になったわけで。

さっそく、この成果をアノ人にもお伝えしたく(それも出来ればエゴサ(※)で気づいて頂きたいというワガママさ・・・)そっとツイートを投下。

※エゴサ(エゴサーチ)・・・自身が関連する事柄について、ネット上での反響、反応などを自ら調べること

こんなツイートを上げたところ、その3時間後くらいには岩下社長が降臨!笑

「かわいい」頂けました!笑

これはもう、近いうちに栃木市にある岩下の新生姜ミュージアム前でピンクVスト記念撮影に行かねば・・・

ピンクにしたかった、もうひとつの理由・・・

ピンクVストにしようと思ったのは、岩下の新生姜好きが高じてピンクにしたのがイチバン大きな理由だけれども。

そんなに大したことないけど、実はもうひとつだけ理由がある。

好きなミュージシャンの中に、チバユウスケ氏がいる。ミッシェルガンエレファントが最も有名だけれど、ミッシェル解散後も「ROSSO(現在は活動休止中)」や「The Birthday」として今も活動されている。

そんなロッソに「シャロン」という曲があり。

その曲の中に、こんな一節が。

ピンクのカラス 青いガラスくわえて

向日葵へとゆくんだろう シャロン

この一節がどこか頭の片隅に残っていたからなのか、黒Vストがまるでカラスに見えたからなのか。

どちらが先だったか今となっては思い出せないけれども、もしもVストローム250を手にいれたら「ピンクのクチバシだな」って、ずっと思っていた。

ちなみにこのシャロンという曲、「サンタクロースが死んだ朝に」というぶっ飛んだフレーズから始まる。今も冬になると、この曲を聴くのが好きだ。

そしてピンクのカラスと一緒に、どこまでも行ってやるっ

ナイトロンカラーも、いつかストックするかもです

これは今すぐに、というワケではないけれども元々付いていた黒クチバシも、いつかNITRONカラーにしてみたいと思っている。

とっても雑に塗ってしまったけれど、こんなイメージ。

というのも、近々(2020年の夏頃までには)VストのリアサスをNITRONに付け替えようと思っていて。

岩下の新生姜カラーと、たまにはNITRONカラーとを気分で付け替える時がやってくるかもしれない。

※Vスト250にNITRON付けられた方、付けた後のレビュー教えて頂けると嬉しいです・・・

sponsored link

down

コメントする




47都道府県、オートバイで行ってみよう

このFTRに乗っているひと

けんけん

けんけん

千葉県は、ふなっしーと同じ市に住んでいます。鉄馬も好きだけど、本当の馬も好き。一口馬主やっていらっしゃるライダーさんいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。「FTR223と行く」ブログを書き始めたら、なおさらFTRへの愛着が増してしまったので、そんな愛情をココにどんどん残していきます。どうぞ宜しくお願いします。



sponsored link

最近のコメント