FTR223と行く

FTR223からVスト250乗りになりました。明日はバイクと、どこ行こう。バイクでトコトコ、どこ行こう。

【10年に一度の御開帳】成田山と、うなぎツーリング日誌

time 2018/05/20

【10年に一度の御開帳】成田山と、うなぎツーリング日誌

2018年初頭より、御朱印らいだぁを(勝手に)実践し続けて居る自分。

「千葉県民として、いつかちゃんと行こう」と思い続けていた成田山のホームページを久し振りに開いてみると、なんと10年に一度の御開帳(本尊をはじめとする仏像を安置する仏堂や厨子の扉を開いて拝観できるようにすること)期間ではありませんか。しかも、5月28日(月)まで。

これは成田名物「うなぎ」を食べに行くついでに・・・いや、成田山ご参拝がてら鰻を食べに行くツーリングだ!

sponsored link

国道464号線、走っていて気持ちいい!

ということで、行ってきました成田山ツーリングの記録になります。

国道464号線に最短距離で乗るために船橋市内をショートカットして目指す道中、同市民にも関わらず、さっそく市内で迷ってしまうという・・・ただ、市内にもこんな田園風景があることを知ることができて思わずほっこり。

少しだけ迷ったのち、無事に北総鉄道と並走する形で走ることのできる国道464号線に乗り入れることができました。

ちなみに北総線とは、京成高砂駅から千葉県の印旛日本医大駅間、約32キロを結ぶ「日本一、運賃の高い鉄道」と悪名高き(?)鉄道路線。初乗り200円、たった5駅先を行くにも630円。確かに昔から異常に高いので、余程のことが無ければ敬遠してきた過去が自身にもあります。

こんなにも運賃が高いのにはちゃんとした理由があり、どうやらバブル時代に建設が始まったことに影響しているようで。バブル期に路線用の土地を購入⇒その後の地価下落の影響を真っ当に受けてしまったことを考えると、「この運賃止む無し」なのかもしれません。

国道464号線は信号がほとんどなく、走っていて気持ちのよい道であることに今頃気づきました。

ホントはもう少し、気持ちの良い直線が続く道であることをちゃんと映したかったのだけれども(笑

正直この絵では何も伝わらないと思いますが、最近入会したAmazonプライムビデオにある「日本をゆっくり走ってみたよ」にて、濱田岳さんがよく口にする「うぇいうぇーい!」を真似して言いたくなるような道、と表現したら、少しだけでも伝わるでしょうか。

成田市街の看板に従い、464号線を右折すると成田山に到着

途中、464号線を右折して成田駅の先にある成田山に向かいます。この道も緩やかなワインディングロード続きで走っていて気持ち良い。この辺りから右に左に鰻屋がちらほら目立ち始め、シールド越しに漂ってくる「蒲焼き」の香りにやられ始めます。

うなぎ食べに来たんぢゃない、あくまで成田山へ参拝しに来たんだ。うなぎぢゃない。

そんな修行僧の気持ちになる、試される道のり・国道464号線。

成田山に到着です。

成田山最寄りまで行くと、途中から交通規制が敷かれていて車はもちろん、バイクも進入禁止。その手前には観光バス用の駐車場などもあり、バイクも気兼ねなく停めさせてもらうことが可能でした。二輪だと駐車料金300円が目安のようです。

成田山境内での色々はまた後日「御朱印巡り」カテゴリーにて。(余談ですが、御朱印らいだぁカテゴリーはブログ内でも極めてアクセス数の低いカテゴリーでして。個人的な記録なのであまり気にしていないのですが、もう少しバイクと御朱印巡りを掛け合わせた楽しさを記事としておこせないものだろうかと自問自答していたりもします。何か良いアイディアあればぜひ教えてください。m(_ _)m

ご参拝後、大野屋さんでうな重を頂く

成田山をひと通り参拝させて頂いた後は、大野屋さんでうな重を頂きました。

「上はやりすぎやろ」と思い「並」にしたのですが。右の方も左の方も皆さんそろって「上うな重お待たせいたしましたぁ」と言われていた。それでも十分美味しかった並うな重。白米がもう少し盛ってあったら、もっと嬉しかったかもしれない。食後、同じく大野屋さんで実家お土産用に鉄砲漬け(750円)も購入。

実家用には両親の身体のことも考え「うす塩仕立て」、自宅用にはノーマルの鉄砲漬を買って帰ったのですが、個人的な印象だとむしろノーマルはしょっぱ過ぎかも。でもご飯がすすんでまう(笑

成田まで行ったついでに、ジェット機見にいってきた

せっかくなので、FTRとジェット機とを良い感じで撮ってみたいという欲も出てしまい。成田空港近辺まで走って行ってみる。の巻です。

こんなのとか。

場所を変えて、こんなのとか。(電線さえ無ければ、これ良かったかもしれない・・・)

こんな微妙なのとか。

あちこち色々と場所を変えてみたけれど、どれも微妙な感じです。いつかジェット機のどてっ腹とFTRとを映したような写真を残してみたいと思っています。

sponsored link

コメント

  • お店の勉強の為拝見させて頂きましたありがとうございます
    当店も天気のいい日はライダーの方がこられます宜しかったらどうぞ
    https://sendakusen.amebaownd.com/

    by 伊豆伊東市のうなぎ屋(ひつまぶし)です €2018-09-13 1:47 PM

down

コメントする




47都道府県、オートバイで行ってみよう

このFTRに乗っているひと

けんけん

けんけん

千葉県は、ふなっしーと同じ市に住んでいます。鉄馬も好きだけど、本当の馬も好き。一口馬主やっていらっしゃるライダーさんいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。「FTR223と行く」ブログを書き始めたら、なおさらFTRへの愛着が増してしまったので、そんな愛情をココにどんどん残していきます。どうぞ宜しくお願いします。



sponsored link

最近のコメント