FTR223と行く

FTR223からVスト250乗りになりました。明日はバイクと、どこ行こう。バイクでトコトコ、どこ行こう。

「菜な畑ロード@鴨川へのプチツーリング」で、頭の中は黄色一色

time 2019/02/02

「菜な畑ロード@鴨川へのプチツーリング」で、頭の中は黄色一色

なんとなく週末にかけ、どっぷりと疲労感だけが残る今日この頃です。

朝もめっきり弱くなっちゃって、たぶんこれは寒さのせいと、「散歩につれてけ」って平日・休日問わず、必ず6時半に起こしてくれたワンコが居なくなってしまったせいだ。(と、勝手に決めつけている。)

と言うよりも、あれだけ朝に弱かった自分も、それなりに歳を重ねたら自然と早起きできるようになったか。よしよし。なんて思っていたのは気のせいで、単に「犬の早朝さんぽ」が全てだったのだ。ということを思い知っている2019年の冬です。

2月に入って初めての土曜の朝も、そんな感じでオフトンの中でぬくぬく過ごしていました。

そんな土曜の朝、娘のほうが先に起きてきてカーテンをシャーっ!って開けて開口一番。

「うあ!今日は良い天気だよ、雲ひとつない!」

子供が放つ、そのたったヒトコトでスイッチが入ってしまう。

というか、子供が放つヒトコト、ヒトコトのほうが実はとっても分かりやすいスイッチなのかもしれない。

もともと娘も別の予定がある1日だったので、そのヒトコトを(オフトンの中で)聞いた時、この言葉はある種、何かのサインなのだと思い「よし、今日は行こう。バイク日和だ。行け!っていうサインだ。」ということで、鴨川までのプチツーリングへ行ってきた話です。

sponsored link

菜な畑ロード@鴨川、行ってきました

今の時期でも南房総はとても温暖で、県花でもある菜の花の見頃もちょうどこの時期ということは知っていたのですが、今まで行くことのなかった2月の南房総です。

いつもの410号線を南下して、菜な畑ロードへ行ってきました。

今まで、菜の花を見るなら館山のフラワーラインだ。と、ずっと思っていたのですが、かねごんさんの動画を観させて頂いて以来、一度は行ってみたいと思った場所が「菜な畑ロード」です。

館山方面へのプチツーリングは昔からのお気に入りですが、かねごんさんの動画の数々を見させて頂くと、千葉県民なのにまだまだ知らない場所が沢山あるのだということを実感。

綺麗な景色はもちろんのこと、そういえば勝浦にて本場の「勝浦タンタン麺」ですら、食べたことない・・・

菜な畑ロード、これだけ菜の花が集まっているためか何だか辺り一面、甘い香りが漂っていました。

ちなみに、胸元には例の「ハクキンカイロ」を忍ばせ、寒さ対策も万全です。出発から帰宅するまでずっと暖かでした。

ひたすら走りたくなってしまう、プチツーリングの悪い(?)クセ

菜な畑ロードを散策した後は、次に行ってみたかった富津岬近くにある絶景ポイント。

家を出る前に食べたピザパンだけで走り続けてきたので、だいぶ小腹が空いていたのだけれども。そのままこの後は、野営ポイントの下見に富津岬のほうへと走り続けます。

プチツーリングの度に思うけれど、割と1か所にのんびり留まっていることができない。

この日は、ツーリング中は何も食べず、唯一ファミマで休憩した時に飲んだホットコーヒーのみ。これは極端だけれども、大体がこんな感じです。バイクに乗って出かけた以上、できる限り走っていたくなってしまうの何でだろう?

そしてたどり着いた場所がこちらです。

富津岬の、とあるカフェを目指したら分かると思います。というお言葉だけを頼りに行ってみたら本当にたどり着けました。

徒歩、もしくはバイクでなければ来ることができない場所なので、エンジンを止めたら聞こえるのは静かな波の音だけ。

千葉県内で勝手に野営しても良い場所って、もっと南下した館山あたりじゃないと厳しいかな?という勝手な先入観があったのですが、富津でもこんな場所があるんだと知って驚きです。

こんな素敵な絶景地。これまでも野営されてきた方が多々いるんじゃないだろか?って思ったのですが、ゴミのひとつも落ちていないのが不思議でした。

ただ、土を掘り起こすのが仕事の先住民の方が大勢いるようなので、もしもこの地で野営させてもらうことになった時はできるだけ静かに過ごそうと思います。

東京湾観音にも立ち寄ってみて、思い出したはなし

この絶景野営ポイントの後のすぐそばにある、東京湾観音にも寄ってみました。

駐車場からパチリと撮った一枚です。

千葉県内では、たぶん最も大きな観音像ではないでしょうか。

ひと昔前、東京湾観音のこの場所に行くまでに素掘りトンネルがあって、車でそこを走り抜けたあと、窓に人の手形の跡がたくさん付いていて・・・というような怪談があったのも懐かしい話。

この東京湾観音の場所から観える君津や木更津の工場地帯の夜景がものすごく綺麗で、「肝試し的な後の、この絶景」というのをネタに何度か行ったことがあるのですが、今でも夜間に出入りできるかどうかは定かでありません。

ただ、当時、この高台から観ることができた工場地帯の夜景は、本当に綺麗でした。

空気が澄んでいる冬のほうが、より綺麗だったと記憶しています。

そして何故かプチツーの最後に、Vストロームを見に寄ってしまう

菜の花の黄色にヤられたせいでしょうか。プチツーリングの最後に、近所のスズキワールドに寄ってVストロームに跨らせてもらいました。

この丸目、ゆったりとしたシート。そしてフル装備の純正パニアケース等々。

ちょこっとキャンプに行こうと思いたった時に、パニアケースに詰めるだけ詰めて気軽に行けたりもするんだろうなって思うと、気になる1台です。

スズキさんは値引きもそれなりにやってくれる。というウワサは以前から耳にしていたのですが、パニアケースをフル装備して、このお値段ですかっ!?という、貴重なお話も聞かせて頂くことができました。

気軽に旅するバイクなら、正直Vストローム最高だな、と・・・

菜な畑ロードへの鴨川プチツーリングルート

行きはいつもの410号。帰りは、富津方面に立ち寄ったため、珍しく国道16号を北上しての帰宅。

相変わらず国道16号は混みますな・・・

走行距離は、ちょうど210kmでした。

菜な畑ロード

東京湾観音

sponsored link

down

コメントする




47都道府県、オートバイで行ってみよう

このFTRに乗っているひと

けんけん

けんけん

千葉県は、ふなっしーと同じ市に住んでいます。鉄馬も好きだけど、本当の馬も好き。一口馬主やっていらっしゃるライダーさんいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。「FTR223と行く」ブログを書き始めたら、なおさらFTRへの愛着が増してしまったので、そんな愛情をココにどんどん残していきます。どうぞ宜しくお願いします。



sponsored link

最近のコメント